障害等級取得の流れ

傷害等級の認定を受けるまでのおおまかな流れとしては、まず事故によって負ったケガの治療から始まり、これ以上治療を続けても回復が見込めないというところまで治療を進めます。回復しないと認められたところが、いわゆる「症状固定」と呼ばれるステップで、症状固定に至ったら、次に後遺障害診断書の提出が必要となります。後遺障害診断書は医師が作成してくれるもので、これを自賠責保険会社や損害保険料率算出機構に提出しなければなりません。その後、書類に記載されている内容について審査、精査が進められて、傷害等級の認定という流れになります。

等級の認定までに必要となる書類については、必ず必要となるのが後遺障害診断書ですが、これ以外にも患部のレントゲン写真なども必要となるケースがあります。これは事故との因果関係や、医学的な証明、説明を行うために必要で、本当に後遺障害に該当するのかどうかという審査に必要な書類となり、その根拠を示すために必要です。なお、傷害等級取得までの一連の流れは、相手方の保険会社に依頼する事前認定という方法と、全てを自分で行う被害者請求という方法があり、それぞれで用意する書類も異なりますので注意が必要です。

 

事前認定と被害者請求

事前認定は、後遺障害認定のために必要となる手続きを、相手方の任意保険会社が代行してくれるというものです。事前認定の場合、被害者は後遺障害診断書を保険会社へと提出することで、後は全ての手続きを行ってくれることになりますので、手間が省けて非常に便利です。これに対して被害者請求は、被害者側が自ら自賠責保険会社や損害保険料率算出機構への等級認定手続きを行うというものです。後遺障害を認定してもらうためには前記の通り、後遺障害診断書や証明、説明のために必要となる書類や、その他にも手続きのために要する書類を作成、提出しなければならず、非常に手間がかかってしまうことになります。

それでは、事前認定と被害者請求、どちらの方が良いのかという話になりますが、どちらも一長一短と言わざるを得ません。後遺障害の認定は定形的な判断が下されることになり、同じ書類や資料が提出されれば全く同じ認定が下されることになりますので、それならば手間が省ける分、事前認定の方が良いとも考えられます。かといって被害者請求がデメリットしかないというわけでもありません。弁護士に相談することで、等級の認定に有利な資料を作成できるというケースもあるからです。